« カボチャの冒険 | トップページ | ポヨポヨ観察日記 »

サバの秋の夜長・グーグーだって猫である 他

Photo Photo_3 Photo_5Photo_6Photo_4

サバの秋の夜長
サバの夏が来た
グーグーだって猫である
グーグーだって猫である(2)
グーグーだって猫である(3)  (全てBy大島弓子)

大島弓子さんの猫のマンガといえば「綿の国星」が有名かもしれませんが、私は「猫が猫であるまんが」が好きなので、こっちの方が好みです。
でも、サバって人間の形に描かれてますがって?はい、形は人間でも中身が猫なので。私自身は猫が人間形に見えたことはありませんが、言葉とか行動とか、人間の言葉や行動だとこうだろうな、と思う事はあるので、そんな違和感はありません。
これらは、大島さんが飼っている(いた)猫達のエッセイマンガです。最初は一匹だった猫が段々増えていく様子がほほえましく身につまされます。そして、里子に出した猫達に思いを馳せ自分が貰った猫達の元の飼い主の思いを考えるところには、私自身はっとさせられました。
グーグー~の途中には、大島さんの入院と闘病と猫、というテーマも出てきます。これも他人事じゃあないなあ。
一軒家に引っ越した猫達の生活のこれからが楽しみです。

|

« カボチャの冒険 | トップページ | ポヨポヨ観察日記 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149539/16633381

この記事へのトラックバック一覧です: サバの秋の夜長・グーグーだって猫である 他:

» グーグーだって猫であるについて…プチリサーチ。 [レミのメモ帳]
グーグーだって猫である、ネットでは、どのように 書かれているんでしょうか。 注目... [続きを読む]

受信: 2007年10月24日 (水) 22時15分

« カボチャの冒険 | トップページ | ポヨポヨ観察日記 »